BLOGブログ

2020年02月25日

予期せぬ交通事故!慌てず最初にするべきことは?

ブログ

交通事故というものは、自分が気を付けていても巻き込まれてしまうことがあります。もし遭遇してしまった場合には、その後適切な対応ができるかどうかが重要です。交通事故の後に、慌てず最初にすべきことを紹介します。

目次

まずは確認と連絡

交通事故に遭遇してしまった場合、多くの人々にとって予期せぬ出来事であるため、慌てふためいてしまうことがほとんどです。この際、慌てるだけで何も行動に移さないと、必要以上に損をすることになるかもしれないので注意が必要です。

交通事故は、事故を引き起こした加害者と被害者だけで解決できるものではありません。そのため、まずは交通事故について正確な確認をすること、そしてそれらを第三者に報告することが必要です。自分たちだけで解決しようとすると、後で不利益を被ることになりかねないので、公的機関を利用することや専門家の手を借りることを忘れてはいけません。

確認すべきこと

交通事故に遭遇したのならば、被害者であれ加害者であれ、相手の連絡先と住所と氏名といった身分をしっかりと確かめることが重要です。相手が加害者の場合は、嘘を言う可能性もあるので名刺などの身分の確認できるものを提示してもらい、メモを取ることが必要です。

逆に自分が加害者の場合も、交通事故を起こした際に下手に誤魔化そうとすると、示談や損害賠償の段階になったときに心証が悪くなるので正直に答えるようにしましょう。もし身分を偽ろうとすると、余計に立場が悪くなります。この身分の確認というものは、損害賠償責任に非常に重要です。

勤務中の交通事故となると、相手の勤め先の保険会社もかかわってくるので、速やかな確認が必要となります。また、車両の保有者にも責任が行くことがあるので、車のナンバーも控えましょう。

警察への連絡

交通事故が起きたら、まず警察に連絡しなければなりません。警察に連絡しなければ、事故の処理ができないといった問題ばかりではなく、交通事故の手続きに必要となる交通事故証明書や実況見分調書も作成されず、保険金を保険会社や自賠責保険から請求することができなくなってしまうのです。交通事故相手とのトラブルが発生した場合、間に入ってくれることもあるので、速やかに警察に連絡することがいち早い解決に役立ちます。

加害者の自賠責保険と任意保険の確認

自賠責保険は、車を運転する方であれば必ず加入しなければならない強制保険です。人身事故が発生した場合の損害を補償するものですが、最低限の範囲でしかありません。任意保険は全員が加入しているわけではありませんが、加入している人も少なくないでしょう。交通事故によるけがの治療費などは、加害者の自賠責保険と任意保険の保険会社が支払うことになるので、確認することが重要となります。

けがの治療

交通事故に見舞われるとけがをすることも多いでしょう。このとき軽いけがだと思って甘く見ていると、数日後に悪化したりほかの箇所にも気づいていなかった怪我があらわれたり、身体に影響を受けることもあるので、必ず病院に行くことが大事です。また、見た目にけがをしていないように感じていたとしても、脳や内臓など、内部に影響が与えられている可能性もあるので、必ずけがの治療をすることが必要です。

医師の診断を受ける

交通事故に遭ったらすぐに病院に行き、医師の診断を受けることが重要です。何らかの影響が身体に出てから病院に行くのでは遅いと考えた方がよいでしょう。交通事故が起こったすぐ後に病院に行き診断を受けないと、交通事故との因果関係が否定されてしまう可能性もあるのです。因果関係が否定されてしまうと、治療費が自賠責の保険金から支払われないといったことにもなりかねません。

まず自賠責で治療を受けられる段階で速やかに治療を受けます。また、途中で通院をやめることも好ましくないでしょう。途中で症状が軽くなったと自己判断してしまうと、保険金が支払われなくなることもあるのです。また、最初は小さなけがであっても後から悪化することもあるので、とにかく完治まで通うことが重要です。

交通事故に特化した整骨院などの施設を探す

交通事故によるけがなどの治療は、相手方保険会社から治療費が打ち切られた途端に通院まで打ち切られることもあります。そのような事態にならないためにも、そしていち早く症状を改善させるためにも、交通事故の治療に特化した整骨院などの施設を探すことが重要です。

自分の体が一番なので、時には保険会社に連絡することよりも重要といえます。保険会社に先に連絡すると、保険会社と提携した病院を紹介されることも多いですが、それでは自身や自身のけが、症状に合わない場合もあるので、自分の意思でいち早く施設を探すべきでしょう。

弁護士への連絡

交通事故の保険金の支払いや損害賠償の支払いは、必ずしも弁護士を介入させなければならないものではありません。しかし、交通事故が起きたならば、場合によっては当事者間同士で話し合うのではなく弁護士を通してやりとりをした方がいいこともあります。

たとえば治療や事故の処理などに追われて性急な示談に応じてしまうと正しく保険金を受け取ることができないこともあるので注意が必要です。また、保険会社の支払い基準と弁護士の支払い基準は異なり、弁護士に依頼するほうが高い金額を受け取ることができる可能性もあります。損をしないためにも速やかに連絡することが必要でしょう。

また、弁護士に連絡すれば、してはいけない行動も指導してくれます。たとえ交通事故の被害者だとしても、けがの治療に際して、あえて保険適用外の治療を選択したり、個室利用をしたり、不必要なタクシーを利用したりするといった行動をすると立場上不利になることもあり、このような行動を事前に制してくれるので安心感が得られそうです。

交通事故で必要以上の損害を受けないために

交通事故というものは、ある日突然訪れるものであり、被害者であっても加害者であっても慌ててしまうものです。人は興奮状態にあると落ち着いて行動できないものなので、相手の連絡先の確認や正しい治療、弁護士への連絡などといった、いち早くすべきことだけでも把握して、適切な対処を行うようにしましょう。

CONTACT

お問い合わせ

お電話から承ります

047-711-7174