BLOGブログ

2020年02月25日

交通事故の治療に選ぶなら?整骨院・接骨院・整形外科それぞれの特徴について

ブログ

交通事故に遭った場合、打撲や骨折など様々な怪我を負うことは珍しくありません。交通事故による怪我の治療をする医療機関には、整骨院、接骨院、整形外科などがあるのですが、それらの違いを正確に理解している方はそれほど多くないかもしれません。そこで以下では、各医療機関の違いについて見ていくことにしましょう。

目次

交通事故に遭ったら医師の診断を受けること

交通事故に遭って怪我をした場合にはそれによって負う金銭的な損害を誰に請求するかが問題となります。事故の相手方に帰責性があるのであればその相手方が加入している保険会社に請求することになりますし、加害者がいないような場合には自分が加入している保険会社に請求することになります。いずれの場合でも、保険会社からは怪我の診断書の提出を求められるため、交通事故に遭った場合には、まずは怪我の診断書を取得するように心がけると良いでしょう。

次に、事故による怪我の認定に使用できる診断書を作成できるのは、原則として医師だけであるという点に留意する必要があります。そのため、医師以外の医療関係者に診断してもらった場合には、有効な診断書が入手できない可能性があるため、事故に遭ったら少なくとも一度は医師に見てもらって正式な診断書を書いてもらうようにすべきです。

なお、整形外科には医師がいますが、柔道整復師が施術を行う整骨院や接骨院には医師がいないところがほとんどです。そのため、行きつけの整骨院などで治療することを希望する場合であっても、一度は整形外科を訪れて診断してもらったほうがベターでしょう。

ただし診断書の中には柔道整復師でも作成が可能なものもあるため、整骨院や接骨院の診断書が一概に意味をなさないというわけではありません。そのため、どうしても整形外科に行けない事情がある場合には、そのような施設から診断書を取得するのも一考する余地があります。ただし、後遺障害の認定を受けるには医師の診断書が不可欠ですので、その点には注意しなければなりません。

整形外科、整骨院、接骨院の違いとは?

では続いて、整形外科と整骨院、接骨院の違いについて説明することにします。まず、整骨院と接骨院についてですが、この二つは基本的に柔道整復師という国家資格の有資格者が施術を行う施設であるという点で違いはありません。

この資格は、解剖学や生理学、運動学といった基本的な医療に関する知識を専門学校または大学で3年以上かけて学んだうえで、資格試験に合格して初めて取得できるものです。そのため、柔道整復師による施術は、確かな医療知識に基づく信頼できる行為なのです。もっとも、彼らは医師ではないため、その施術は医療行為と区別するために医療類似行為と呼ばれています。主に打撲や骨折などの治療を得意としているため、比較的軽めの交通事故による怪我を治療するには適しているといえるでしょう。

一方、整形外科は、医師が常駐していてレントゲン検査や投薬、手術といった本格的な医療行為を行う施設です。医師になるためには、大学の医学部を卒業して資格試験に合格したうえで、長期間の実地研修を経る必要があります。その難易度は格段に高い分、より高度な医療行為に従事することが認められているのです。前述のように、証明力が高い診断書を作成することが認められているのも、医師の信頼度の高さの証左だといえるでしょう。

交通事故の治療の流れについて

交通事故に遭って怪我を負った場合の流れとしては、先に述べたように、最初に整形外科に行って診断書を書いてもらうというのが定石です。その後は、引き続きその整形外科で治療を継続してもよいですが、規模の大きい病院などでは長時間待つ必要があったり、土日に開業していなかったりして通うのが困難な場合もありえます。そのような場合には、地元で定評のあるような整骨院や接骨院に通院先を変えてじっくり診てもらうようにすると良いでしょう。

整形外科から整骨院などに転院する場合には、できれば事前に整形外科の医師に相談して、転院する必要性があるという診断結果を得ておくのがおすすめです。というのも、交通事故の直後には軽症であったとしても、後から後遺症が現れてくるケースも少なくないのですが、そのような時でもよりスムーズに後遺障害の診断書を書いてもらえることが多いのです。なお、後遺障害診断書は医師にしか作成できないことを注意しておきましょう。

また、整骨院や接骨院と似た施設にカイロプラクティックと呼ばれる整体院がありますが、そちらは柔道整復師のような国家資格を有する者がおらず、治療費も保険でカバーされないことから、交通事故の怪我の治療のために通うにはあまり適していません。治療費を含めて保険料で賄いたいというのであれば、整形外科、整骨院、接骨院のいずれかに通ったほうが良いでしょう。

交通事故の怪我は正しい施設で治療しよう

このように、交通事故で怪我をした場合には、まずは整形外科に行って診断書を取得することが肝要です。その後は、整骨院や接骨院で治療しても構いませんが、後から後遺障害診断書を取得できるようにするために転院時には医師の診断結果を得ておくのがよいでしょう。

CONTACT

お問い合わせ

お電話から承ります

047-711-7174